ハゲ・・・ハゲ・・・

いや俺はあんまり関係ないけどさぁ
http://www.jdss.or.jp/project/images/05/message.pdf
>「あなたの子どもは男の子です」「あなたの子どもは算数が苦手です」「あ
なたの子どもは30 代で頭髪が薄くなります」「あなたの子どもには知的障害があります」「あ
なたの子どもは生後1週間以内に死にます」

あんまりいいたかないけど、この中で「社会が継続的な支援を行わない限り
自立して生存するのが困難」なのは知的障害だけだよ。
1週間以内で死ぬのは1週間だけだしね。
それを親が覚悟というか「社会的な支援を出来るだけ少なくする方法を考えて結論を出すためのひとつのツールとして非常に有効なもの」を「否定する」理由になるか?
要望ならわかるが明確な否定が結論となる意味がわからない。

酷な話だが
「知的障害の1割」を生じさせており、事前検査により判明し
 1.親が十分な支援を持って社会に迷惑をかけないのであれば、産む選択もあるんじゃない
 2.その覚悟もないなら結論は1つしかないよね?
ということでさぁ 100を90にできるわけよ
「施設」「支援策」もろもろ含めて予算は限られてて、それは
道路やハコモノに使う金と比べたら少ないわけよ。

ま、簡単に言えば「前に」「障害」があったら「避けて進む」よね?
心情的に理解したくないならいいけど、それじゃ社会なんていらないよ。
人間の「否定」はしたくないから「1度で学習しましょうよ」

アトサァここの例えでハゲを出すかねぇ・・・
だからそーいう団体って・・・周りが見えてないって言うか・・・
そーいう目で見られて仕方ないっていうか
自分の気持ちしかわかってないっていうか・・・

ま、結論から言おう「理事長の文章クソだな」 で(w