http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20070807ig90.htm

>だが、与党の賛成を得られない限り、法案は衆院で否決され、廃案になってしまう。否決を前提に、与党との姿勢の違いをアピールするのが狙いなら、政府・与党を揺さぶるための党利党略との批判を免れない。
???
なんかいわゆる少数派は意見を出すなというわけ???
衆議院と参議院の役割上そういう結果になるのは当たり前でしょ?
しかも「与党との姿勢の違いをアピールするのが狙い」をしてはいけない
のだとしたら与党以外は法案を提出出来ないじゃないですか。
大丈夫か?読売?